不動産売却の流れ

不動産売却の流れと仕組み

家を売却する時には、誰でも不安になりますよね。早く売れるのだろうか?相場より安い価格で売って損してしまわないか?など、大きな金額が動くので、絶対に失敗するわけにはいきませんよね。

 

まずは不動産売却全体の流れを知っておくことが重要。そこでこの記事では、売却の流れとしくみをわかりやすく説明します。

 

 

不動産売却の流れと仕組み!わかりやすく説明します!

不動産売却の流れと仕組みは以下の6つのステージに沿って進みます。

  1. 相場を知る
  2. 査定依頼
  3. 媒介契約
  4. 購入を探す
  5. 売買契約
  6. 引き渡し

 

@相場を知る

相場
まずはおおよその自宅の相場を知ることから始めましょう。あなたのマンションの他の部屋、近隣エリアの売り出し情報、売却実績等からある程度の予想がつきます。またネットで匿名で調べることができます。売却予定の不動産の価格相場のおおよその金額がわかってれば、依頼する不動産会社を決める判断基準になります。
下矢印肌色

 

A不動産会社へ査定依頼

査定書
定依頼を不動産会社に出します。ポイントは必ず複数社に査定を依頼を出すこと。査定の目的は信頼できる不動産会社探しと適正価格の把握だからです。複数の不動産会社に査定依頼を出すことによりその中間値が適正価格と推定できます。一般的にまずは簡易査定に幅広く査定依頼を出しその中から気になる会社に対し訪問査定と言う流れになります。
下矢印肌色

 

B不動産会社と契約を結ぶ

不動産会社と契約
訪問査定の結果、信頼できる会社が見つかったらその会社と媒介契約を結ぶ運びになります。
媒介契約には主に一般媒介契約、専任媒介契約
専属専任媒介契約の3種類あります。
専任媒介契約は他社との契約ができません。一般媒介契約ですと複数社と契約が出きます。

 

通常の物件でしたら多くの方が専任媒介契約を結んでます。人気エリアですと一般媒介契約で競わせると言うのも有効の手段です。
下矢印肌色

 

 

C購入希望者を探す

売出し開始
不動産会社と契約が締結したら、購入者を探すため売却活動がはじまります。基本的にレインズ、不動産ポータルサイト、自社のホームページ、チラシ、ポスティング等の広告活動がメインです。お問い合わせがあったら実際建物を確認する内覧に繋がります。
下矢印肌色

 

D購入希望者との交渉

購入希望者との交渉
実際に建物を内覧してもらい購入意欲がある方には購入申込書を記入してもらうことになります。その際以下の細かい交渉を行います。

 

  • 引き渡し日
  • 売却価格
  • 支払い方法

 

これらの情報をもとに不動産会社が売買契約を作成します。後々トラブルにならないためにも重要なことですので不動産会社としっかり打ち合わせをして売主としての条件を伝えておきましょう。
下矢印肌色

 

E売買契約の締結

売買契約の締結
売却にあたる細かい条件が決まったら売買契約
を結びます。この時に購入者から手付金としておおよそ売却価格の1.2割程度の金額が渡されます。
下矢印肌色

 

F不動産の引き渡し

不動産の引き渡し
売買契約が成立したら所有権移転のため法務局に行き登記手続きを行います。住宅ローンが残る場合は抵当権を外すため所有権を移転する前に抵当権を解除する必要があり抵当権抹消手続きも行って下さい。
登記手続きは個人でもできますが少し難しいので多くの方が司法書士に依頼しています。

 

 

 

よくある質問Q&A

 

訪問査定で建物の確認する時間ははどのぐらいかかるの?

現地で建物をチェックするのは30分〜1時間程度です。
実際の査定には現地での確認以外に役所での調査も行います。また、近隣での過去の売買データなども参考にしながらなるべく適正な価格に近づくようしっかりと査定価格を算出してくれます。

 

売却後も住宅ローンが残りそうですが、売却は可能?

はい。可能です。建物をお引渡しをするまでに一括返済して住宅ローンの抵当権をはずしておくことが条件になります。
一括返済が無理な場合は他の方法で住宅ローンをすべて返済、もしくは借り換えをする場合は借り換え債を利用することになります。詳しくは不動産会社の担当者にご相談ください。

 

不動産売却はどのぐらいの期間がかかるの?

マンションや一戸建て、築年数、エリア、間取り等により条件が異なりますので一概には言えませんが順調にいっても3ヶ月がかかります。大体6カ月を目安にしておくのが良いかと思います。不人気物件ですと1年や2年売れ残るのもよくあることです。

 

まとめ

不動産売却の流れを詳しく説明してきました。全体を把握していることにより、今やるべきことがはっきりとしてくると思います。上野紹介した事柄を見るとやることが多いと思いますが基本的不動産会社が広告を出したり契約書を作成してくれます。満足の不動産売却をしたいのならば必ず不動産会社選びは妥協をせず時間をかけて選んで下さい。査定額や仲介手数料で選ぶのではなくいかに信頼がおけるかというのがポイントです。