不動産売却の査定 必要書類

不動産査定の必要書類

不動産を売却するときには訪問査定、媒介契約、売買契約等の時に多くの書類を揃える必要があります。ここでは不動産売却の査定で準備する必要書類を簡単に紹介します。

 

 

不動産会社の査定時に必要な書類

一言で査定といっても無料でできる匿名査定から簡易査定や訪問査定と様々あります。匿名査定や簡易査定では特に提出すべき必要書類はありません。訪問査定の時準備しておくべき書類もありますのでご紹介します。

 

提出書類必要なし

ネットでの匿名査定x
簡易査定x

 

訪問査定で必要になる書類

  1. 本人を確認するための身分証明書
  2. 印鑑証明書
  3. 登記簿謄本
  4. 登記済権利証又は登記識別情報
  5. 公図

※査定を依頼する段階では必ず必須と言うものではありませんがそろえたおいた方が良いでしょう。

 

本人を確認する身分証明書は、車の免許証又はパスポートが一般的です。その他にも年金手帳や健康保険証、特別永住者証明書、外国人登録証明書などが挙げられます。印鑑証明は管轄の市役所に行き貰います。印鑑証明書は取得から3ヶ月以内である必要があります。公図とは法務局にある土地の図面のことで形状や地番、接道などが分かるものです。インターネットからも取得可能です。

 

すべての業者が上記のものを必要とするわけではありませんが査定の段階でなるべく揃えておいて下さい。ただし査定の段階では上記の書類が揃っていなくても査定はしてもらえます。登記済権利証など本当に必要な時は売買契約事ですが、訪問査定の段階で提出を求められる場合が多いです。

 

 

査定時にあった方が良い書類

  • 土地の測量図(戸建て)
  • 購入時の売買契約書
  • 建築設計図書
  • 建物の図面
  • 管理費修繕積み立て金の記載書類(マンション)
  • 住宅性能評価書
  • 耐震診断報告書
  • アスベスト使用調査報告書
  • リフォーム契約書

 

上記の書類は査定時に必須ではありませんがより適正な査定価格を算出するためになるべく具体的な書類がある方が良いです。土地の測量図や境界確認書に関してはそれがないと土地売却に1年以上かかることもあります。土地の境界が曖昧な方は境界確認書を作成する必要があります。

 

八王子市で不動産売却 トップページ